ホーム > News&Topics

News&Topics

医療施設での清掃を考える。。。 ~環境清拭ワイプ 1室1ワイプのアプローチ~

店舗清掃.com2016年11月15日

医療施設での環境管理、ノンクリティカル表面は『医療機器表面』と『ハウスキーピング表面』に分類され、ハウスキーピング表面の環境清掃を清掃会社へ委託または専任の清掃スタッフで管理することが一般的となっています。

ここでは、『医療機器表面』及び『患者ケア区域』での環境清掃について、米国の文献を参考に理想的な清掃実施基準をご紹介いたします。

『患者ケア区域』の清掃対象面は高頻度接触表面であるベッド柵、ナースコール、オーバーテーブル、床頭台など患者様が直接頻繁に触れる箇所とします。その表面を、使い捨ての環境清拭ワイプで湿式清掃を行うことが主流となっていますが、環境清拭ワイプを交換するタイミングなど、正しい湿式清掃の技術を考えてみましょう。
%e6%b8%85%e6%8b%ad%e3%83%af%e3%82%a4%e3%83%97

まずは『湿式清掃』についてですが、『湿式』語源のとおり清拭後の表面に薬剤が数秒間濡れている状態を保つ拭き掃除が環境清掃の理想的な拭き方とされています。湿式清掃では、清拭後30秒ほど湿潤状態を保つことで適切な薬剤接触時間を設け、洗浄・消毒の品質を保証する1つの基準とされています。この湿式清掃を行うには、適切な環境清拭ワイプを選定しなくてはいけませんが、製造・販売メーカーの製品によっては使い捨てワイプへの薬剤含浸量が少なく理想的な湿式清掃が行えないものがあります。コストも選定基準の1つですが、そのような清拭ワイプでは限られた場所に複数枚の清拭ワイプを使用していることが実情で、逆にコスト増になっているのでは?と疑問の多いところです。
清拭ワイプの適正使用量と品質保証を考慮したものは、薬剤含浸量やワイプ(紙)の品質を考慮して製造・販売されています。
%e3%82%aa%e3%82%ad%e3%82%b7%e3%83%93%e3%82%a3%e3%83%abtb%e3%80%80%e3%83%af%e3%82%a4%e3%83%97

次に清拭ワイプを交換するタイミング。
これは、複数の患者ケア区域で使用することによる『交差伝播』を防止することを大前提に考えなくてはいけません。

●1室1ワイプアプローチに基づく環境清掃 
American Journal of Infection Control Vol.44 より
 方法:
 800床の大学病院のICUで4年間にわたり、A.baumanniiの積極的なサーベイランス及び保菌者 のコホーティング、ならびに複数の部屋間での清拭ワイプの共有を回避するための新規清掃方 法の導入
 結果と結論:
 A.baumanniiの保菌者は、2011年の132例から2014年の8例へ
 また、2011年の1,000患者日当たり10.78例から2014年の1,000患者日当たり0.69例へ
 方策の適用後には、毎月の発生率は持続的に有意に低下しとことが示された。

日本の病棟は他病床の病室が多いので、『1ベッド1ワイプアプローチ』を環境清拭ワイプの使用基準として運用することが、適正使用の基準化によるコストコントロール!交差伝播防止!汚染拡散防止!につながる重要な運用基準と考えられます。

理想的な環境品質と管理基準を実現するために、適切な製品とその効果を再度検討してみてください。
全ての清掃には理由があります。その理由が環境品質向上につながる基準となりますように。。。

 

医療施設での清掃を考える。。。 ~汚染物に応じた『低水準消毒剤』の選定~

店舗清掃.com2016年08月17日

病院清掃で使用する洗浄剤としてEPA(米国環境保護局)認証の『低水準消毒剤』が多くの医療で使用されるようになってきたと述べました。その導入事例の多くは、万能的に使用する低水準消毒剤を1、2種類選定して使用している状況をよく目にします。万能的に使用できるもので院内で発生するおらゆる汚染物の除去として対応できれば、少ない本数、種類で対応するに越したことはないかもしればせん。
今一度考えなくてはいけないことは、院内で発生する汚染物の特性とその対処方法(回収率)です。もちろん、どうやって清掃したかを追求する『清掃技術』も重要です。まずは、何を使ってその汚染物を回収したかを着眼点として考えなくてはいけません。

汚れを回収するために、その汚れの特性(発生源、pH、粘性など)や建築素材への影響とその環境に応じて、洗浄剤を選定します。アルカリ性の汚れには酸性の洗浄剤、酸性の汚れにはアルカリ性の洗浄剤を使用することが基本ですが、汚れが付着している建築素材の影響を考慮した空風が必要です。無難に使用できるものは『中性洗剤』です。しかし、汚れに質によっては、高い回収率が得られないことによる汚れの蓄積が発生している状況も少なくはありません。

EPA認証の低水準消毒剤も、細菌やウイルスに対する有効性で区分されていますが、取り扱いメーカーでは洗浄についての区分を明確にし、汚れの回収率を向上させるための製品ラインナップを組んでいる企業もあります。
現に、2015年に米国の病院を視察した際、そこで働くハウスキーパーは、7種類の洗浄剤を使いこなしていました。そのうち、毎日使用する洗浄剤は3種類ですが、突発的な汚物や頑固な汚れなど定期清掃的に使用するものがいくつか準備されていました。この病院のハウスキーパーは、院内で発生する汚染物の特性とその対応方法を熟知しているとのことです。

多種類の低水準消毒剤を選しても、使用者が上手く管理できるか、その洗浄剤の取り扱い技術を理解しているかなど、懸念事項もあるかもしれません。
医療施設によって、院内環境品質維持のために、どのうような製品を使用した清掃実施体制を構築したらよいか考えてみてください。

汚れと清掃対象面と区域に応じた低水準消毒剤をご紹介します。

〇オキシビィルTb 高頻度接触表面の清拭/血液・湿性生体物質の処理 など
オキシビィルTb スプレー

〇HDQニュートラル 床用除菌洗浄剤/血液・湿性生体物質の処理 など
HDQ

〇CDC10 浴室清掃用アルカリ除菌洗浄剤
cdc_10

〇フォーミーQ&A 浴室清掃用酸性除菌洗浄剤
fomy

〇ナバック トイレ・洗面台用除菌洗浄剤
nabc

〇スパークリング トイレ用酸性除菌洗浄剤
sparcling

〇TNT(ティーエヌティー) フォーミングスプレー 除菌洗浄剤
TNT

医療施設での清掃を考える。。。 ~病院清掃で使用する『低水準消毒剤』~

店舗清掃.com2016年07月14日

医療施設で尊重される『病院清掃』、理想を現実に!   病院清掃で使用する薬剤、 『消毒』を考えると次亜塩素酸ナトリウムの使用が推奨されています。   感染症発生時の抑制には適正に使用することが望まれますが、 『病院清掃』は『感染予防』すなわち 環境品質を『維持』することが目的です。   『医療環境の清浄化の維持』に使用する薬剤は、 『低水準消毒剤』の使用が推奨され、 確実な洗浄と除菌がワンステップで行えるものが理想的です。 この『低水準消毒剤』は 『消毒剤入り洗浄剤』と言われ、 EPA(米国環境保護局)認証のものが標準的な選定基準と周知されてきました。   ここでは、EPA認証の『低水準消毒剤』の3つの選定基準について考えてみたいと思います。   (1)医療施設の環境表面に使用する消毒剤として、3菌種に対する有効性を示す   グラム陰性菌に対する有効性/ グラム陽性菌に対する有効性/ 医療関連感染の起因菌に対する有効性 などの一般細菌と、抵抗性の弱いウイルスに有効性が高いと判断されています。 HDQニュートラル (第四級アンモニウム塩) HDQ   (2)結核菌に対する有効性 ・結核菌は環境表面を介して伝播しないことから、 結核伝播予防に低水準消毒剤を使用するわけではありません。 しかし、結核菌は消毒薬に対する抵抗性が強いことから、 有効性が認められたものであればHBV、HCV、HIVを含み 多くの微生物に対して効果(広域スペクトル)をもつ低水準消毒剤と示されることもあります。   オキシビィルTb (加速化過酸化水素) オキシビィルTb スプレー (3)特定の微生物に対する効果 ・特定の承認リスト(ListD、ListE)に登録された 低水準消毒剤は、抗酸菌/HIV‐1およびHBVに有効と示され、 血液などの感染性物質で汚染された 環境表面を消毒するものとして示されます。   HDQニュートラル (第四級アンモニウム塩) HDQ オキシヴィルファイブ (加速化過酸化水素) OxivirFive 多くの医療施設で周知、使用されているEPA承認の低水準消毒剤は、 多くの微生物に効果を示す万能的なものを選定して 使用していることが多く見受けられます。 しかし、医療施設ではあらゆる特性、 種別の汚物が発生することを踏まえて、 汚物に対して有効的な洗浄と消毒を行えるものを ラインナップとして考える必要があります。 特に施設内の大半を管理している   清掃業務委託会社では、 あらゆる汚物に対応する製品選定と運用技術の向上   が重要です。

医療施設での清掃を考える。。。

店舗清掃.com2016年06月09日

医療施設で尊重される『病院清掃』、

              理想を現実に!

医療施設での清掃業務は、医療スタッフで行っている施設と、清掃会社へ委託される施設に分かれると思います。いづれにしても、そこで働くすべての方が少なからず清掃を行っているはずです。
施設内の衛生を追求したとき、清掃はなくてはならないもの。
しかし、その清掃をどうやって行えば良いのか?清掃業務に対する根拠や文献、ガイドラインなどが不足している現状を踏まえて、科学的に清掃について考えていきたいと思います。

Smiling group of people with different jobs  against blood donation

Smiling group of people with different jobs against blood donation

理想的な病院清掃を行うには、すべての基準や根拠が必要!

① 科学的根拠のある病院用の消毒剤入り洗浄剤(低水準消毒剤)の選定
② 衛生的な清掃ツールの選定と適正使用
③ 清掃に対する基準化(仕様/マニュアルなど)
④ 教育/研修/技術指導の計画と実施
⑤ 環境品質評価の方法と分析、継続的改善
⑥ コストパフォーマンス

上記の基準は、病院清掃の実施ルールとして構成しなくてはいけません。
衛生的な療養環境を患者様に!衛生的な職場環境をそこで働く全ての人へ!

Let's save our planet earth. Ecology concept. Elements of this image are furnished by NASA

Let’s save our planet earth. Ecology concept. Elements of this image are furnished by NASA